ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ

サイトメニュー

“ストーリー”:さあ進もう、前へ。もっと人生を愉しむために。

こくみん共済 coop とともに前へ進む皆さまに今の生き甲斐、これからの夢をうかがいました。

“ストーリー”数:60件

大場 博章さん

目標は孫とのゴルフ。還暦を迎えて、挑戦したいことはたくさん!

大場 博章さんの“ストーリー”を読む
この“ストーリー”を閉じる

神奈川県在住

大場 博章(おおばひろあき)さん
[60歳]

PROFILE
両親と妻の4人暮らし。離れて暮らす長男と長女が、孫の顔を見せに来てくれるのが最近の楽しみ。勤務先のバス会社では労働組合の役員を務める。趣味はゴルフと似顔絵描き。

台風で自宅の屋根が破損。
地震のような揺れのなかで一夜を過ごす

 私がこくみん共済 coop の保障に助けられたのは、2019年9月に発生した台風15号での被災の時でした。
 その日は、強い風と雨が降り続き、地震のような揺れが一晩中続いていました。深夜3時ころ、2階で寝ていた母から「天井に雨水が染み込んでいる!」という声が聞こえて目を覚ましました。行ってみると、四畳半の寝室の天井に雨水が染み込んで、半分くらいがにじんでいる状態でした。
 「この強風で屋根が飛ばされたのかもしれない」と思いましたが、外に出て確認するわけにもいきません。知り合いの工務店に電話したところ、真夜中だったにもかかわらず出てくれたのですが「あちこちの家で被害が出ていて、問い合わせがたくさん来ているから、すぐには行けない」という話でした。とりあえず、天井の状況だけでも伝えたところ、「水が下に漏れているのでなければ、屋根が飛んだわけじゃないから、慌てなくても大丈夫」という返事でした。

 ひとまず、母には隣の部屋に避難してもらうことにして、台風が通過するまで、状況を見守ることになりました。25年間この家に住んでいて、経験したことのないような風雨で「家ごと飛ばされるのではないか」と本気で心配したほどです。停電や断水は、幸いなことにありませんでしたが、それでも朝まで眠れずに過ごしました。

手間のかからないことに驚いた共済金の手続き。
掛金が増えても、安心できる保障を備えたい

 こくみん共済 coop に問い合わせたのは、台風が去って数日後。ニュースでは記録的な暴風雨と報道されていましたし、あちこちで被害が出ているのも知っていましたから、すぐには来てもらえないだろうなと思っていました。ところが2~3週間ほどで、担当者が2名で訪問してくれて、しっかりと家の状況をチェックしてくれました。
「共済金の対象になると思うので、工務店の方に被害の様子がわかる写真を撮ってもらってください」と具体的なアドバイスをいただいたのも助かりました。後日、工務店に修繕の依頼をした際に、屋根の上から被災箇所の写真を撮ってもらいました。屋根の一部が破損し、そこから雨水が天井裏に入り込んでいることがわかり、その写真を添付して、共済金の申請をしました。
 申請の手続きは、何度も問い合わせを受けるようなこともなく、大変スムーズでした。私は労働組合で、組合員から共済金の申請書を取りまとめる業務もしていて、ある程度流れを把握しているつもりでしたが、自分自身が申請する立場になって「こんなにも簡単なのか」と感心してしまいました。
 共済金が受け取れたのは、それから約1ヵ月後。想像していた以上に手厚く「これなら、少しくらい掛金が増えても安心できる内容の保障を備えるべき」と考え直すきっかけになりました。

趣味はゴルフと似顔絵描き。
好きなことに気兼ねなくチャレンジしたい

 保障のような支えがあると、生活にも安心感が出てきます。還暦の節目を迎えて、これからは好きなことを気兼ねなくやりたいと思っています。
 ひとつはゴルフです。19歳のときに姉から「仕事の付き合いで役立つから」と、ゴルフセットをプレゼントされて以来、会社の仲間と続けているうちに、大好きな趣味になっていました。これまでの最高スコアは74です。最近は、プロゴルフの大会が行われる有名ゴルフ場に出かけて打つこともありますよ。
 ホールインワンは以前に達成できたので、次の目標は孫とゴルフをすることです。小学生の孫がゴルフをやり始めたので、孫が大きくなって一緒にまわれるようになるまで長生きをして、ゴルフをすることです。

 もうひとつは、絵を描くことです。子どものころから似顔絵を描くのが好きで、自画像や友人の絵をいつも描いていました。ただ、自己流なので、プロに本格的な技を教わりたいと思っています。上手な人の絵は、サラっと描いているのに、なぜかうまい。そういうコツを教わりたいと思っています。
 労働組合の役員として忙しい日はまだまだ続くのですが、「暇は自分で作るもの」と心がけて、やりたいことには、どんどんチャレンジしていきたいです。

※ 掲載内容は2020年11月現在のものです

編集後記

 ゴルフのなかでは、女子プロゴルフが好きで、各地の大会を観戦しては選手からサインをもらっているという大場さん。サインを上手に「おねだりするコツ」があるそうで、その方法を楽しそうに語ってくれました。仕事では組合活動に真剣に取り組まれる一方、趣味ではユーモラスな一面が垣間見られ、組合員の方々に親しまれている様子が想像できました。

この“ストーリー”を閉じる
A.Hさん

長男の骨折から「備え」の大切さを実感。お守りとしての保障と、いつまでも、ずっと

A.Hさんの“ストーリー”を読む
この“ストーリー”を閉じる

山梨県在住

A.Hさん [44歳]

PROFILE
夫、小学生の長男、幼稚園の次男、長女の5人家族。働きながら子育てに励んでいる。趣味は料理で、「食べ物を粗末にしない子に育てたい」と、子どもたちと一緒に作ることもある。

長男が体操の練習中に右足を骨折。
1ヵ月続いた通院と学校への送り迎え

 2019年12月下旬のことです。小学生の長男が、通っている体操教室の練習中に足を痛めたと言って帰ってきました。「跳び箱の着地で足をひねった」ということでした。
 教室では、ハイレベルな練習をやっているので、最初は「捻挫でもしたのだろうか?」と湿布を貼ってあげたのですが、痛みが引かないようだったので、不安になってその日のうちに病院に連れて行ったのです。
 検査の結果、「剥離骨折」をしていることがわかりました。まさか骨折をしているとは思っていなくて驚きました。剥離骨折は通常の骨折と違い、痛みがじわじわ来るために、本人も骨折に気付かないままにしていることがよくあるのだそうです。
 その日は、患部を装具で固定して、湿布薬をもらって帰宅しました。年末で病院が休みに入る時期でしたから、その後2週間ほど自宅で療養することになり、年が明けて、あらためて通院することになったのです。
 長男の治療期間中、思った以上に大変だったのが、学校への送り迎えでした。長男は松葉杖を使った生活で、私が車で乗せていかなければなりませんでした。普段は仕事に出かけているので、会社を早退しなければならない日は、職場の同僚に助けてもらいました。

 また、近くに住んでいる母には、私がどうしても送り迎えができないときに代わってもらったり、長男を病院に連れて行くときは、下の子たちの面倒を見てもらったりしました。
 こうして助けてくれる人がいなければ、地域の有償サービスに頼るなど、お金も精神的な疲労感も大きくなっていたと思います。とても、ありがたかったですね。

受け取れた共済金の手厚さに満足。保障は、安心と安全の「お守り」

 こくみん共済 coop の保障も大きな支えになってくれました。
 長男を病院に連れて行った最初の日のことです。診てくださった先生に「何か保障に入っていますか?」と聞かれて、こくみん共済 coop の「こども保障タイプ」に加入していたことを思い出しました。職場で偶然見かけたリーフレットを読んで「掛金が手頃だし、とりあえず入っておこうかな」という気持ちで加入したものでした。ただし、当時は病気や入院に備えるつもりで加入したので、骨折が対象になるかわかりませんでした。
 こくみん共済 coop の担当者に問い合わせしたときも、保障の範囲に含まれるのか半信半疑という感じだったのです。
 ところが、担当者からの返答は「もちろん保障の対象になりますよ」と大変心強いもので、それから手続きの方法を丁寧に教えてもらいました。実際に申請したのは、長男の治療が終わってからです。それから、1ヵ月経たずに共済金を受け取れましたが、想像以上に手厚くてびっくりしました。
 通院の保障とは別に、骨折などに対応する保障も含まれていたと知って、あらためて「こども保障タイプ(当時はキッズワイドタイプ)」の手厚さに感心したのを覚えています。
 じつは、骨折の治療期間中、長男から「お金がかかって大変じゃないの?」と、心配そうに聞かれたことがありました。「この子なりに、家のことを心配してくれているんだな」と思い、完治した後にサッカーボールをプレゼントしました。「共済金で買ったんだよ」と教えてあげたら、とても喜んでくれて「僕も大人になったら、自分で保障に加入する」と言ってくれました。冗談か本気かわかりませんが(笑)、うれしかったです。
 「保障はお守り。加入していて良かった」と心から思いました。

運動好きの長男と一緒に、親子でマラソン大会に出場したい

 今では、長男もすっかり元気になって、いつも通り体操教室に通う毎日です。
 体操教室では、学年ごとに練習のメニューが決まっていて、最近はバック転(後方倒立回転跳び)を習っているそうです。小学生でバック転のできる子は、なかなかいないので、クラスのヒーローになれるかもしれないと思って頑張っているみたいです(笑)。それ以外にも、サッカーをやったり、水泳をやったり、夫の影響でゴルフをやったり、運動をするのが大好きみたいです。

 最近は、親子で県のマラソン大会に出場しようと話し合っています。フルマラソンは大変なので、とりあえず3キロの大会にエントリーしたいと思い、そのための体力づくりとして、ジョギングを始める予定です。
 今後も長男には、健やかに過ごしてほしいと思います。そして将来、運動と同じように、何か熱中できるものを一つ見つけて、そこに一生懸命に打ち込んでいくような大人になってくれたらと思っています。

※ 掲載内容は2020年10月現在のものです

編集後記

 「仕事が終わった後の時間なら大丈夫」ということで、取材に応じてくださったA.Hさん。3人のお子さんが健やかに育ってくれるのを願う「パワフルで優しいお母さま」という様子が伝わってきて、心が温かくなりました。これからもお体に気をつけて、親子でマラソン大会出場を実現してほしいと思いました。

この“ストーリー”を閉じる
田中 正利さん

56歳で心臓の検査入院を体験。「人生の備え」を、これからも大事にしたい

田中 正利さんの“ストーリー”を読む
この“ストーリー”を閉じる

茨城県在住

田中 正利(たなかまさとし)さん
[57歳]

PROFILE
鉄道会社勤務。路線バスの運転手として勤務しながら、労働組合の役員として、組合員の保障に関する問い合わせや相談に応じている。母、社会人の長男と長女の4人暮らし。趣味は20代から続けているゴルフ。

労働組合を通して保障に加入。
手頃な掛金と安心感が決め手に

 従来、私が所属している労働組合では、団体生命共済の取り扱いがありましたが、2017年1月に病気入院特約が付帯され、より充実した制度になりました。こくみん共済 coop は、掛金が手頃で保障が手厚く、組合員に寄り添った組織という印象があり、安心して加入できます。
 その保障のお世話になったのは、2019年10月のことです。数日前から、キリキリと突き刺すような胸の痛みがあり、最初は「一時的なもので、すぐに良くなるだろう」と軽く考えていました。ところが、何日経っても良くならず、だんだんと不安になってきました・・・。
 7~8年前に、「心房細動」の診断を受けたことがありました。心房細動というのは、不整脈の一種で、「心房」と呼ばれる心臓内の部屋が小刻みに痙攣して、うまく働かなくなってしまう病気です。動機、息切れ、めまいなどの自覚症状とともに、このままにしておくと脳梗塞のリスクも高くなるということで、カテーテル治療を行ったのですが、「もしかして、それが関係しているのかも」と思い、会社を休んで病院へ行くことにしたのです。
 かかりつけ医に診てもらったところ、「簡易的なものではなく、しっかり検査したほうがいい」と言われて、12月に医師の指示のもと2泊3日の検査入院をすることになりました。

すっかり忘れていた保障のこと。
担当者の親身な対応で乗り越えられた

 検査の結果は、幸いなことに「異常なし」でした。入院中は、不安な気持ちでいっぱいでしたから、その言葉を聞いたときは、心からホッとしましたね。
 しかし、胸の痛みの原因はわからずじまいでした。何となく不安を残したままの退院でしたが、痛みはすっかり消えて、翌日からは普段通りに出勤できるようになりました。  共済金の申請を行ったのは、それから1ヵ月後のことです。労働組合の事務所にあったこくみん共済 coop のチラシを偶然見かけて「あっ!」と、保障に加入していたことを思い出したのです。日々の忙しさに追われて、すっかり忘れていました。
 すぐに担当者に電話をして、保障の問い合わせを行いました。検査入院のことを説明し、「1ヵ月前の出来事ですが、申請できますか?」と聞いたところ、「病院からの領収書のコピーがあれば、すぐにでもできますよ」と親切に教えてもらいました。
 団体生命共済の共済金を申請するのは、今回が初めてだったので、わからないことだらけだったのですが、必要書類の取り寄せから、記入の仕方まで、一からやり方を教えていただきました。おかげで、まったくと言っていいほど手間取らずに手続きを済ませることができました。
 その後の共済金もスムーズに振り込んでいただきました。想像以上の共済金を受け取れたこともうれしかったですね。
 7年前の心房細動のカテーテル治療では、入院治療等の費用がかさみ、大変な苦労をしたのですが、今回は保障に加入していたおかげで、生活に大きな支障をきたすことなく、乗り越えることができました。こくみん共済 coop には、感謝の気持ちでいっぱいです。

こくみん共済 coop はフレンドリー。
安心できるから、誰にでもすすめられる

 私には、人の命をあずかるバスの運転手という仕事柄、安全運転のために心がけていることが一つあります。それは、「だろう運転」をしないということ。たとえば、交差点で右に曲がるとき、「対向車が譲ってくれるだろう」。信号のない横断歩道を走るとき、「人がいるけど、渡らないだろう」。このような、周囲の状況を自分に都合よく予測する運転は、事故につながりやすく、危険です。
 保障に加入することも、これと同様だと思っています。「今日が大丈夫だから、明日も大丈夫だろう」と自分に都合よく考えるのは、やっぱり危ない。病気、けが、事故、災害など、リスクはどこにでもあると考えて、「病気になるかもしれない」「けがをするかもしれない」など、「かもしれない」を前提にした「人生の備え」が、誰にでも必要なのではないでしょうか。

 社会人の息子と娘に、こうした話をして保障をすすめたところ、「バスの運転手で安全運転を心がけている父の言うことだから間違いない」と素直に聞いてくれ、マイカー共済に加入してくれました。私の場合は、労働組合で活動しているので、こくみん共済 coop は他の保障よりも身近でフレンドリーな存在です。それだけに、毎月手頃な掛金で、大きな安心が得られるこくみん共済 coop の保障は、保障に未加入の人ほど、ぜひ検討してほしいと思っています。

※ 掲載内容は2020年10月現在のものです

編集後記

 検査入院を経て、すっかり元気を取り戻された田中さん。今まで以上に健康であることを心がけているそうで、20代の頃から続けている趣味のゴルフを早く再開したいと楽しそうにお話される姿が印象的でした。これからも健康を大切に、毎日を豊かに過ごしていただきたいと思いました。

この“ストーリー”を閉じる

“ストーリー”数:60件